m-namikiの日記

おもしろき こともなき世を おもしろく

Apacheの自動起動

SubversionApache経由で使用しているが、毎回/usr/local/apache2/bin/apachectlを叩くのは面倒なので、自動起動するように設定した。Linux系OSならば/etc/init.dとかにスクリプトを置いてchkconfigで設定出来るが、MacOSXはちょっと違ったのでメモ。
MacOSXでは/System/Library/LaunchDaemons配下にplist形式のファイルを置く必要がある。

<!-- /System/Library/LaunchDaemons/httpd.plist -->
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
  <dict>
    <key>KeepAlive</key>
    <true/>
    <key>Label</key>
    <string>httpd</string>
    <key>ProgramArguments</key>
    <array>
      <string>/usr/local/apache2/bin/apachectl</string>
      <string>start</string>
    </array>
    <key>RunAtLoad</key>
    <true/>
  </dict>
</plist>

これでOS起動時に自動的にApacheが起動される。
参考サイト:the inner universe of Leopard - 「rcの引退とlaunchdの強化」