m-namikiの日記

おもしろき こともなき世を おもしろく

digをインストールする

チュートリアル環境にnslookupdigも入っていなかったのでインストールしておきます。

[vagrant@localhost ~]$ dig
-bash: dig: command not found
[vagrant@localhost ~]$ nslookup
-bash: nslookup: command not found
[vagrant@localhost ~]$ 

[CentOS] digコマンドをインストールするの巻 - TrippyBoyの愉快な日々 を参考にすると、bind-utilsを入れればいいことが分かったのでレシピとテストケースに追加します。

# chef-repo/site-cookbooks/ruby_env/recipes/default.rb
package "bind-utils" do
  action :install
end
# spec/default/base_spec.rb
describe package('bind-utils') do
  it { should be_installed }
end

あとはvagrant provisionしてテストケースを実行するだけ。

cd rails3_tutorial
vagrant provision
rake spec
C:/Ruby193/bin/ruby.exe -S rspec spec/default/base_spec.rb
................

Finished in 33.19 seconds
16 examples, 0 failures

テストが通ったので実際に確認。

[vagrant@localhost ~]$ which dig
/usr/bin/dig
[vagrant@localhost ~]$ which nslookup
/usr/bin/nslookup

無事にインストールできました:-)

あとどうでも良いことですが、記事の書き方をはてな記法からmarkdown記法に変更してみました。GitHubでも使えるし覚えておく必要があるかなと。この書き方はかなり楽ですね。改行が半角スペース2つっていうのが微妙に面倒ですが。